スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--/-- --:--| スポンサー広告 | page top↑
検査結果。
術後の診察のためB病院へ行ってきた。

ロングソックス
傷口は順調に治っているようで塗り薬をもらった。
検査結果が出ていたのでF先生から説明をを聞いた。
肥満細胞腫の残存は見られなかったとのこと!
今もらってる薬もステロイドは今日で終わり、
残りの薬は日曜日までで終わりとなる。
今後の予定は日曜日に抜糸、月一の診察で30週経過観察。
GⅡ~Ⅲなので決して安心はできないのだけど
今まで通りバロンとのスキンシップを大切にしながら
早期発見・早期治療ができるよう心掛けてやりたい。
再発・転移のある病気なだけに安心はできない。
でも、少しだけホッとしたよ。

次の診察は12月14日。

組織所見:皮膚付属器は大型化しており、真皮において線維組織がやや増生しています。
表皮直下では新生血管が確認されます。明かな自律性増殖を示す肥満細胞は確認されません。
コメント:本標本上は肥満細胞腫の残存腫瘍細胞は確認されませんでした。
多少の腫瘍細胞が残存していても肉芽組織などによって隠されてしまい、
見つけ出せないことは少なくありません。経過観察が必要です。

 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ・フマル酸クレマスチン1mg      /1回1錠×2回
 ・塩酸ラニチジン75mg         /1回1錠×2回
 ・セファレキシン250mg         /1回2.5錠×2回
 ・プレドニゾロン             /1回1錠×1回
 ・Acetylhydroxyproline Cream    /1日3回塗布
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
|2005/12/07 23:50| Life with Baron! | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。