スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--/-- --:--| スポンサー広告 | page top↑
検査。
今日はB病院の特診に行ってきた。
バロンは車でのお出掛けが嬉しくてはしゃいでるけど
飼い主のほうは『転移』の不安を抱えたまま・・・。

診察室へ呼ばれ、肘のしこりの説明をして診察をしてもらった。
ニードルバイオプシーを行うため注射針をしこりに刺して細胞を採取。
麻酔もなく、一瞬針を刺すだけなのであっという間だった。
バロンもチクッとしたくらいで気付いていないかもしれないな。
検査の結果、良くない細胞が見つかった。
肥満細胞腫とは違った扁平上皮癌の可能性あり・・・。
前回の手術で毛を剃る時にバリカン負けをして
左肢の広範囲にたくさんのかさぶたができていた。
その部分にしこりが見つかったんだけど、
それが治る時に現れるものも見つかっているので
扁平上皮癌ではない可能性もある。
大きくなったりただれたりしなければ大丈夫だとのことで、
2週間の薬の投与+経過観察で判断することになった。
次の診察までに変化があれば待たず病院へ行く。

なんでもありませんように・・・

次回の特診は1月7日。
 
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 ・L-グルタミン顆粒           /2日に1回・1回1包
 ・ピロキシカム20mg          /   ↑
 ・セファレキシン250mg        /1回2.5錠×2回
 ・Acetylhydroxyproline Cream    /1日3回塗布
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
 
|2005/12/24 23:50| Life with Baron! | page top↑
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。